「エンジニアになりたいんです」に対する僕なりの答え

弊社では結構SES契約や派遣契約で仕事をしてもらっているメンバーが多い。

こういう契約で仕事をしてもらっているメンバーは主にソーシャルゲームの運用業務にアサインしている。職種としては、デザイナー、プランナー、デバッガー、エンジニアだ。

で、主にデバッガーとして入ってもらったメンバーから「エンジニアになりたい」という声をよく聞く。確かにゲーム運用のデバッガーは基本的にルーチンワークなので、それをずっとやり続けていくというのが考えづらいのかもしれない(ルーチンという意味で言えば、他の職種もルーチンではあるが、デバッガーはよりルーチンなのだ)。

実際にエンジニアにジョブチェンジをしてもらったメンバーもいるし、そういうキャリアパス自体を否定するつもりは毛頭ないが、エンジニアそのものは容易に勧められるものでもない。

今日はそこらへんの思いを言語化していく。

「今までみたいにプライベート遊び続けられませんよ」

個人的に一番大きなポイントは、この「今までみたいにプライベート遊び続けられませんよ」ってことだと思う。これを許容できるか否か。というよりエンジニアリングを楽しんでやれるかどうかってところ。正直、コンピューターサイエンスの基礎がどうとか、そんなものは関係ないし、今からやっても間に合う。

これは僕自身がプログラマーへ転職した経験から、一番実感していることでもある。

昔(大手企業の品質管理業務をやっていた)は、冗談抜きで会社以外で仕事に関する何かをやったことはなかった

でも今は、個人プロジェクトとしてUnityを触ってみたり、知識として知っておきたいという理由からElixirやらVue.jsを触ったりとか、なにかしらエンジニアリングに関わることをやる時間が増えた。

休日も妻(当時は彼女)と旅行に行ったりする生活から、ちょっと近場に出かける程度で残りの時間をエンジニアリングに当てる、というような生活になった(これは単純に妻が専業主婦になって世帯収入が減ったからというのもある)。

学び続ける意思があるかどうか

ここまで聞くと、エンジニアって大変そう、、と思われるかもしれないが、実際はプライベートで何もしなくても生きてはいける。アサインされるプロジェクトによっては、それこそ業務として開発し続けるだけでスキルがどんどん伸びていくということもあり得る。

ただこれは完全に環境依存なので、オススメはできない。

大事なのは「学び続ける意志があるかどうか」。ちょうど今日エンジニアメンバーに相談されたんだけど、エラーログをそもそも読まない、エラーログからの推察が出来ない、という感じで、これはエンジニアとしてスキル(とお給料)を伸ばしていくのは無理だろうな、という現場に遭遇した。

定常作業そのものは精度よくやってくれるんだけど、「決まった手順」を「上から順にやるだけ」という感じを受けて、それなら別にエンジニアという職種じゃなくてもできるんじゃね、と。自ら考え、手を動かせないなら、それはエンジニアではないよね。

とりあえずやってみるといい

とまぁここまで優しくない現実を書いてきたわけだけど、とりあえずやってみるのもいいと思うのも事実。実際イメージだけじゃあどんなものかわからないしね。

そして、「なんかよくわからんけど面白そうだからやってみたい」と思えるその性格は、実は完全にエンジニア向きだったりします。

「面白そうだからやる」、「やってみてなんか違うと思ったからやめる」。これくらい気軽に考えてもらっていい。