動画と音声とテキスト。僕たちは何を使って情報を発信すればいいのか

Movie girl

最近何して暇つぶししてる?え?2chまとめって笑。他になんかあるでしょ?ん?ソシャゲ?…お、おう…(現代っ子の見本かよ)。

動画見たりは?YouTubeとか。あ、見るよね。PodCastとかは?そうそうラジオみたいなん。あんま聞かないか。

ちょっと聞きたいんだけど、動画と音声とテキストって、どれが1番いい?あくまでも見る側、聞く側、読む側として。満足度が一番高いやつ。

え?なんでこんなこと聞くかって?

そりゃさあ、今僕ブログ書いてるけどYouTubeでも発信した方がいいのかなーとか、Voicyとかも使ったほうがいいのかなーとか思うわけよ。

結局のところ適材適所でしょって言われちゃうとそうなんだけど、どういう場合に何を使って発信すればいいのかなって部分かな。

BuzzFeedとかはこの辺すげーうまくやってるみたいだし。

関連記事:「新しいメディアの教科書」はブログ運営のヒントが散りばめられている良書だった | BEBEBE

個人で運営するって考えると、さすがにBuzzFeedレベルまでやりきるっていうのは無理だけど、ある程度パクれる部分はあると思うんだよね。

動画コンテンツの強み

僕最近かなりの頻度でYouTube見てるんだよね。やっぱ動画コンテンツはがっつり見なくてもよくて、ながら見ができるから見る側としても楽ちん。

昔は帰ってきたらテレビつけてたけど、今はそれがYouTubeって感じかな。

ちなみに僕は以下のようなコンテンツを結構見てる。

  • ゲーム実況動画
  • 料理動画
  • 釣り動画

別に自分が釣りするわけじゃないんだけど、見てたら釣りしたくなってきちゃうよね笑。

まぁそれはそれとして、種類的には「自分の体を使ってやる何か」のコンテンツを届けるのに適してるのが動画コンテンツなんだなって。名前の通りだよね、動く画。

やっぱこういう系って、写真だけとか文章だけとかじゃわかんないじゃん、正直。

釣りとかで、ここでこういうのが釣れましたーってブログで書かれても、ふーんって感じ。でも動画で釣ってるところとか見ちゃうと、やっぱ楽しいよね。

僕で言うと、自転車にはよく乗るしアクションカムも持ってるから、そういう動画を上げてくのは需要あるかもなって感じかな。加えてブログにも書けば、一石二鳥的なね。

音声コンテンツの強み

音声コンテンツは動画とテキストの中間的な存在ではあるんだけど、文字情報を届けるって意味ではテキストに近いかなって思ってる。

最近Voicyで配信してるブロガーいるけど、正直僕は音声コンテンツはあんまり旨みがないと思うのよね。

まぁラジオっぽいことを出来るならそれはアリかなって思う。二人でトークライブするとか、一人でもライブ感を演出して、とかね。オールナイトニッポン的なやつ。

でも逆に、一人でだらだらとしゃべるようなコンテンツには意味は全くないなって。仮に音声でしか届けられないようなライブ感とかを演出できるならいいんだけど、ブログで書くようなことを雑談交えて発信するとかには僕はかなり懐疑的。

だって音声コンテンツは例えば20分だったら20分聞かなきゃいけないわけ。早く聞きたくても2倍速とかがいいところでしょ。それ以上速いと聞き取れないし。

受け手側としては時間が無駄なわけよ。時間濃度がかなり低い。だから満足度も低い。

もちろん聞き流せるってメリットはあるけど、聞き流してたら内容わかんないしね。

僕は多分やんないだろな。

テキストコンテンツの強み

世の中のコンテンツのほぼ全てはテキストコンテンツだから、テキストコンテンツが強いのは言わずもがなって感じだよね。このブログだってテキストコンテンツだし。

何よりテキストコンテンツは時間濃度がメチャクチャ高いから効率いいんだよね。

僕は大体2000文字〜3000文字くらいのコンテンツを作ることが多いんだけど、これくらいだったら3分もあればサーッと読めちゃう。軽めのビジネス書とかだって、2時間とか3時間で読めちゃうわけだし。

だから、受け手としては僕はテキストコンテンツが1番好き

でもテキストコンテンツってずっと前からあって、時代に沿ってるのかなって言われると、多分時代には合ってないと思うんだよね。

動画、音声、テキスト以外は?

昔からあるって意味では、これは動画も音声もそうだよね。動画は地上波だし、音声はラジオだしって感じで、どっちも昔からあるわけで。ちょっとどれくらい歴史があるかは知らんけど。

テキストは新聞とか書籍とかね。

で、動画も音声もテキストも昔からあって、今も動画も音声もテキストもあって。

動画は地上波からYouTubeになって、音声はラジオからVoicyになって、テキストは新聞・書籍からWEBメディアになってって感じで。このへんって何の進化もしてないと思わない?

昔はアナログ的に届けてたのを、今はデジタル的にインターネットで届けるようになっただけなんだよね。配信する媒体が変わっただけで、基本は動画・音声・テキストで、何も変わってない。

これだけ技術的には進化してるのに、ここは未だに変わってないんだよね。

まぁ人間に情報を届けるためにはどうしても五感以外はなくって、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚しか入り口がないから、しょうがないのかなぁ、とも思うけど。

動画は視覚・聴覚、音声は聴覚、テキストは視覚だよね。触覚・味覚・嗅覚は今はないな。

あ、てことはここが今後来る部分やね。いやいや匂いの出るテレビとかそういうのじゃなくて笑。

結局五感って脳がそう感じればいいだけだから、直接脳に刺激を与えるような技術が出てくるでしょ。多分もう既に研究機関ではそういうの進んでるだろうし。

今はVRで「臨場感」を演出するのが精一杯だけど、今後は脳に直接刺激を与えて脳にそういう「錯覚」を与える技術が一般的になるんじゃないかな。

となると体験そのものの五感全てをコンテンツとして配信できるから、こういう時代になったら超面白いだろうね。