ブロガーは「何か生み出して」いるのか?僕が感じている違和感はこれだった

Blog string

あのさ、ブロガーってぶっちゃけどう思う?

え?ブロガー自体ピンと来ない?ほら、例えば「まだ仮想通貨持ってないの?」のイケハヤ(@IHayato)さんとかさ。

そうそう、サラリーマン煽ってる、あの人。やっぱイケハヤさんは有名なんだね笑。

でさ、そのブロガーの話なんだけど。

あ、いわゆるブログで飯食ってる人ね。プロブロガーって言われてるんだけど。え?いやいや、別に怪しくはないって。収入自体は広告収入だよね、メインは。

広告ってのは大きく2つあって、1つが2chまとめサイトとかでうにゃーんって上から沸いて出る邪魔なアレね。そうそう、間違って押しちゃうやつ。んで2つ目が、「この商品良かったよー」みたいに紹介してあるやつ。

まぁ広告自体は今日言いたいことじゃないからちょっと置いといていい?それはまたの機会にね。

で、僕もブログ書いてるんだけど、なんかコレジャナイ感がずっとあったのね。

何かっていうと、ブロガーってクリエイティブじゃないなって。別に批判するとかいうわけじゃなくてさ。もちろんブロガーっていう価値は確かにあって、世の中にも必要とされつつあるんだろうなって実感はあるんだけど、やっぱり個人的には引っかかりがあるんだよね。

ブロガーは「ゼロから生み出さない」

なんでこんな話をしてるかっていうと、この前こんな記事を見つけてさ。

関連記事:イケダハヤト元信者から聞いた信者入会から脱会までの軌跡 - あなたそれ、甚だナンセンスだわよ!

で、ここに書いてあったことがしっくり来たんだよね。

普段からイケハヤ氏は、ブログでサラリーマンを馬鹿にしたり、働くことを馬鹿にしたりしてるだけなんですけど、

「俺はクリエイターだ。常に新しいことに挑戦してるんだ!」

といってるんです。

実際に新しいサービスを利用してるだけで何にも作ってないし、何にも生み出してないんです。

ぶっちゃけ僕は「何も生み出してない」とは思わないんだけどさ。書籍もいくつも執筆してるしっていうのもあるし。

関連記事:ブロガーは虚業だ?ちゃんちゃらおかしいね。ぼくらは次世代の出版社なんですよ。 : まだ仮想通貨持ってないの?

でもこれって、「世界を席巻するような何か」じゃないんだよね。

あくまでも「自分の体験を噛み砕いて発信する」行為だよなって。書籍もそうだけど、普段のブログとかまさにそうじゃん。例えばなんか使ってみて、「これいいよー」みたいな。ちょっと例えが雑だけど。

まぁこれも一種のクリエイティブと言われたら返す言葉がないんだけど、僕らが普通にイメージしてるクリエイティブってそうじゃなくない?

例えば「ゲーム作ったぜ!」とか「アプリ作ったぜ!」とか、そういうのがクリエイティブなんじゃないかなって思うわけよ。こういうのってゼロベースで始めて作り上げるわけじゃん。

でもブログってその逆で、自分に対するインプットから無駄なものを削ぎ落とすイメージなんだよね。クリエイティブが0から10を作るものだとしたら、ブロガーは10を3に圧縮するイメージ。

日本はブログも「ガラパゴス」

そもそも日本のブロガーってなんか存在自体がすごいふんわりしてるんだよね。実社会への影響力が希薄過ぎるっていうか。

別にブロガーがなんか言ったからって、世論が動くってことなんて滅多にないよね?

でも海外とかだと結構市民権得てるんだよね、ブロガーって職業は。そうそう、このへん結構日本と違うんだよね。っていうのも、日本みたいに「うぇーい系」のブログじゃないのよ、あっちは。

ジャーナリズムっていうか、ガッツリ切り込むようなブログとか、超専門性の高いブログとか。あー日本でいうと「Publickey - Enterprise IT × Cloud Computing × Web Technology / Blog」みたいなイメージだね。

Publickeyも個人で運営してて、年間大体1000万〜2000万くらいの売上が立ってるみたいだね。

まぁこういうブログが海外だとわんさかしてるわけ。

日本だとむしろこういうブログはほとんど無くて、さっき言った「うぇーい系」のばっかりなんだよね。日本らしさといえばまぁそうなんだけど、なんだかなぁって気持ちは残っちゃうよね、どうしても。

どういうブログを書くか?という課題

僕のこのブログも「うぇーい系」だよねっていうのはわかってるよ。だからちょっと方向性も考えてみたいんだよね。

でもモデルケースがちょっと少なくてさ、どういうのがウケそうとかよくわかんないんだよね、正直。さっき言ったPublickeyみたいなやつって他に知ってる?あーやっぱ知らないか…だよね。

まぁなんか見つけたら教えてくれない?ありがと!