意外な穴場?YouTubeの技術系コンテンツが結構豊富でわかりやすい!

ITエンジニアは日々勉強が必要なので、僕も毎日せっせと(ブログも書きつつ)エンジニアリングのお勉強に励んているんですが、どうやって勉強するのってのは、結構課題だと思うんですよ。

もちろん書籍を買うのが体系的に学べて一番いい(ネットの情報だと結構細切れになってるので)と思ってる派です。英語に全く抵抗がないなら、公式サイトだけでもいいんですが。

でもそんなに書籍も買えないし…って場合は、動画コンテンツが案外いい。僕自身Udemyでいくつか購入したことあるんですが、技術系の場合って、最終的にコードベースなので、多少英語がわかんなくてもいいんですよ。

字幕あれば、意外となんとかなったりもしますし。

ただUdemy、安いと言っても無料じゃない。

じゃあ無料で学ぶには…?そう、YouTubeです。

これが意外や意外、結構いいコンテンツが多いんですよね。

ちょうどさっき見たのがこのコンテンツなんですが、内容的にはHello Worldレベル、時間的にも30分未満で、ちょうどいい入門用コンテンツでした。

これ以上のモノってなると、さすがにYouTubeだとそこまで数はないですが、ある程度入門できたら、あとは正直なんとでもなるというか。

こういうのって最初のアハ体験が結構重要で、そこそこわかってきたらあとはピンポイントなことになってくるので、自力でもある程度の成長速度を維持できます。

そういう入門用に、YouTubeは意外と最適ですね、わりとマジで。

鮮度が高いものが多くある

まずYouTubeの利点としては、新しい技術でもどんどんコンテンツとして生まれてくることにあります。

例えばUdemyとかだと、それは当然有料版になるので、ある程度の質を担保しないといけないし、その後もある程度は内容のアップデートが必要です。

そうなってくると、コンテンツを作る側の負担も結構かかってくるので、コンテンツが生まれる速度的には、明らかに劣ることになります。

もちろんある程度枯れた技術であればそこらへんも担保できるんでしょうけど、例えばベータ版とかだと、リリースサイクルもめちゃ早いので、それにコンテンツを追従させることは、結構難しい。

一方YouTubeであれば、悪く言えば書き捨てコンテンツみたいなものなので、サクサクっと作って公開できちゃうわけですね。別に最新版に追従してないからといってクレームも出ないですし。

なんといっても無料なので気軽に見れる

やっぱり1番の利点は、無料ってこと。

無料なら悩まずに気軽に見れちゃう。気軽に見れるってことは、さくっと手を動かして試せるってことと同義です。

エンジニアたるもの、手を動かしてナンボなので、やっぱりこれはデカイです。

有料のものだと、やっぱりどれが一番いいのか取捨選択するじゃないですか。まぁ結局ベストセラーみたいなのを買うことになるんですけど。でもこれってつまり、隠れ有料コンテンツとかがあっても発掘できないんですよ。

YouTubeは直接課金できないのでクリエイターに還元するってのがなかなか難しいんですが、ホントにいいコンテンツだったら、直接コンタクトとってでも課金自体はできますしね。

とりあえず、エンジニアの方は見てみては?