なぜ今「副業」がアツいのか?副業に注目が集まる理由についての考察

MaxIMGL8927 TP V

今、世間では、副業がメチャクチャ注目を浴びています。

メディアでは「副業」の特集が組まれ、イベントでも「副業」関連のイベントがたくさん開催されています。大体1日に1回くらいはなにかしら副業に関連したモノを目にするくらいの感覚。

それくらい、今、副業が注目を浴びています。

noteとかでもこれ系のノウハウが結構売られてるみたいですが、これも結構好調のようです。

副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜|イケダハヤト|note

これ、執筆時点で2980円と、まぁそこそこのお値段。別に高くはないけど、無意識にポチれるほどは安くない。

でも、2000人近くが買ってるわけですよ。

単純に、すごい注目度だと思います。

副業は本当に「やりたい」のか?

もちろん例外があることを知っていてあえて言うのですが、僕達一般人は、

お金のために副業をします

本業の稼ぎが悪いから、副業に手を出すんです。スキルアップとか、人脈形成とか、きれいな言い訳はいりません。

仮に年収2000万とかあったら、副業とかしないですよね?

それでもやるって人は、本当にスキルアップとかの為にやってるんでしょう。じゃあそうじゃない人は?

試しに自分の胸に耳を当てて、聞いてみるといいですよ。副業でいくら稼ぎたいか本業でその分給与アップがあったら副業するかって。

大多数の人は、それだけ稼げたら副業なんてしない、という選択をするでしょう。

つまり、結局副業もお金を稼ぐための手段なんですよ。本業でうまくいかないから、副業でワンチャン狙ってるわけです。

これってすごく不健全なことだと思いません?

生活に必要な額が稼げないということ

副業してまで稼ぐ必要があるって、これ、結構深刻な事態だと思うんですよね。

要はそれだけ本業で稼げないってことじゃないですか。1日8時間、1ヶ月フルタイムで働いて、それでもなお生活資金が足りないって、もうだいぶやばいですよ。

例えば新卒だと手取りで18万とかそれくらいじゃないですか。都内で一人暮らしだと、家賃で8万は持って行かれる。ここから光熱費、通信費、食費とか払ってたら、そりゃまあ余裕ないですよね。

で、スキルあげて会社の利益に貢献すれば給料上がるかって言うと、全くそんなことはなくて、年功序列で仕事をしないおじさんの給料に充てられます。

だったら副業で稼ごうと。

つまりですね。

会社は従業員に見捨てられてるってことです。

本来であれば経営者と労働者は対等な立場にあるんですが、なんか知らんけど雇う側の方が偉い、みたいな暗黙のパワーバランスが出来上がってるじゃないですか。

でも実際は、会社は既に従業員から見限られています。そのことに気づかずに搾取しようものなら、一瞬にして会社の経営は傾きます。

人材あってこその企業ですからね。

経営者の皆さん、しっかりと現実を見たほうがいいですよ。