長期的な目線で考えるなら物事の本質を見て判断しなければならない

YOTAKAPAKU6698 TP V

今に始まったことではないんですが、政治関連の話を耳にするたびに思うことがあります。

それは政策が見当違いすぎることです。

政治家の人って、学歴はあるからそれなりに頭はいいと思ってるんですが、言うことやること、的はずれなことばかり。

例えば今日のこのニュース。

軽いかぜは患者の自己負担上乗せ 医療費など抑制へ提案 | NHKニュース

ちょっと頭悪すぎじゃないですかね…。無理が出てるってことは、制度自体が破綻してるんだからそこを見直すべきでしょう。

記事内で幾つか提言されていますが、どれもこれもお粗末すぎる。

かぜなど比較的軽い症状で診察を受ける場合は、窓口で支払う自己負担を引き上げるよう提案しています。

軽い症状かどうかって誰が判断するんでしょう?症状は軽くても、体調は半端なくつらいかもしれないし、軽いと思ってても実は全然軽くない可能性だってありますよ。

風邪、気管支炎からの入院とかなったら、それこそ本末転倒じゃないですか。手遅れになる前にたたくのが医療の基本なのに、その原則を無視しようとするとか、馬鹿げた提案じゃないですか。

あれ、ホントは馬鹿なの?

「かかりつけ医」以外の医療機関を受診する場合は、さらに上乗せ額を引き上げることも提案しています。

そもそも日本の、主に若年層においては「かかりつけ医」なんてものは存在しません。僕は今の所に住んで2年近く経ちますが、全く病気しないので、どこに病院があるかすら知らない。

まぁ大きい病院は知ってるけど、いわゆる町医者がどこにあるかは知らないんです。

一方で、病院によく行くジジババはもちろん町医者で井戸端会議をしていて、「かかりつけ医」以外にはいかない。

つまり、効果はほとんどなく、政府に対する不信感だけが残る。

介護費の膨張を抑えるためには、自治体の判断で地域の住民やボランティアを活用して安い費用でサービスを提供できるようにするべきだと提案しています。

絶対やんないでしょ、こんなの。

そもそも介護業界なんてめちゃくちゃ人手不足なんです。なんで人手不足かっていうと、給料が安いからなんですね。給料が安いからやりたくないって言ってるのに、ボランティアでやれとか、頭おかしいでしょ。

そもそも、介護の位置付けがそもそもおかしくて、なんか今って社会基盤みたいに扱われてますが、本来は、高額なサービスであっていいと思ってるんです。

利用者からお金貰えれば、そのぶん労働者にも還元できるじゃないですか。ジジババはカネ持ってるんだから、それくらいやって問題ないはずでしょ。

医療費の増大を抑える為に

こういう話を聞いてると、ホントに医療費抑えたいのか、疑問しかないんですよね。

どれもこれもお粗末すぎて。

本当にやりたいんだったら、ちゃんと分析した上で制度設計をやり直すべきなのに、それもやらない。なんか「あと数年すれば辞めるしその時まで持てばいいや」って考えが見え透いてますね。

本質をみて判断しようとしない、表面だけごまかして終わらせる。

なんだか、こんな無能の為に税金払ってるのかと思うと、虚しくなりますね。