なぜ日本ではBloggerの人気が低いのか?理由は1つ、「カスタマイズしづらい」から

BON udewokumu20150207155743 TP V

このブログは、Googleが提供しているBloggerで執筆、運営しています。

でも日本だと、Bloggerってビックリするくらい人気ないんですよね。なんでなんでしょう?

WordPressが人気なのは分かるんですが、日本では、はてなブログ、livedoorブログ、fc2ブログ、アメブロなどのユーザーが多く、Bloggerを使っているユーザーがほとんどいないという現状。

まぁ数が少ないほうが差別化ができるって意味では有利なんですが、なんでここまでBloggerの人気がないのか、考えてみました。

カスタマイズがしづらい

僕が考える理由は1つ、カスタマイズがしづらいから。

Bloggerってめっちゃ独特で、XMLでテーマをデザインしていくんですよね。で、その中にウィジェットも入ってて、条件分岐とかも入れて、見通しが悪い上に、仕様の理解も必要。

もちろんCSSだけとかなら大したコストもなくカスタマイズできるんですが、まるっとやろうとなると、それなりに大変です。

まぁはてなブログとかは基本CSSしかいじれないので、その点を考えればガッツリとカスタマイズできるBloggerは非常に有利なんですが、そのカスタマイズが大変っていうね。

海外製のテーマは多い

日本で人気がないせいで、日本製のテーマってのがかなり少ない。代わりに海外製のテーマはめちゃくちゃあります。

無料のものもあるし、有料のものもあります。

しかも有料でも結構安いんですよ。大体2000円とかで買えちゃう。

WordPressの人気テーマとかだと大体1万円くらいするので、Bloggerなら5テーマ買えちゃうんですよね。逆に安すぎてすぐポチっちゃうんですが。

とりあえず僕はこれからもBloggerを使っていくので、livedoorブログの覇者がイケハヤなら、Bloggerの覇者は僕が目指します。