24時間をうまく使わないと同じ土俵に立つことすら難しい

YUSEI1030IMGL7375 TP V

先日書いた、「今のトップブロガーをぶち抜くためには、1日2万字くらい書かないと追いつけないようです」という記事で、1日2万字書いてトップブロガーを追い越すスキルをつけるぜ!とかいいましたが、これ結構現実問題として難しい…。

というのも、僕がブログに充ててる時間って、基本的には睡眠時間削っちゃってるんですよね。

休日は幸いにもしっかり休めるんで問題ないですが、平日はずっとこの状況を続けていて、週末にかけてどんどんしんどくなってくる。

実際、冒頭に紹介した記事を書いた翌日は寝落ちしちゃってましたし。

ちょっとやり方を変えないといけないなと思い立ちました。

1日24時間は平等

僕とメチャクチャすごい人、僕とゴミ人間。時間だけは、みんな平等です。

この時間を上手く使わなきゃいけない。

僕の場合はサラリーマンをしているので、拘束時間が必ず発生します。それで時間の割り振りを考えてみました。

  • 8時間:拘束時間(JPYマイニングタイム)
  • 1時間:昼休み
  • 1時間:通勤
  • 2時間:ご飯/お風呂etc
  • 4時間:可処分時間
  • 8時間:睡眠

ギリギリまで可処分時間にふろうとするとこんな感じになった。洗い出してみると、結構ある。

拘束時間は実際のところは+1時間くらいで、睡眠を–1時間くらいしても大丈夫なので、無駄を削れば4時間くらいは無理せず確保できそう。

これに加えて拘束時間中、昼休みにも細切れの時間はあるのでそこを有効活用したい。

あ、ちなみに僕の場合インプットは就業時間内にこなすことが多いので、可処分時間についてはアウトプットにフルスイング可能。

ダラダラしてる暇はなかった

ギリギリ頑張って4時間「しか」確保できないんですね、サラリーマンって。

それでもこれは平均値としてはいい方で、例えば一人暮らしならそこに家事の時間も割かれるし、都内であれば通勤はもっと時間割かれます。

一方で僕がぶち抜こうとしている人たち、プロブロガー的な人たちは、1日フルで突っ込める。無理せず4時間以上の時間は突っ込めるわけですよ。

さすがに同じことやってたら、勝てません。

ブロガーでめちゃくちゃ頭がキレる人なんてそうそういないし、実力勝負だと負ける気はしないんですが、突っ込める時間が結構モノをいうような世界なので、ダラダラ過ごしてたら、差が広がる一方なんです。

Netflixとか、Amazon Primeは土日のゆっくりタイムに見るしか無いんですね。

平日は、家に帰ってからも戦場です。